目の疲れの原因を知って対策しよう|目の悩みをカイケツ

スーツの女性

疲れ目を解消するために

カプセル

注目の成分「ルテイン」

パソコンやスマホの普及で、従来にも増して目の疲れを感じる方が増えています。そんな目の疲れにいい成分として、ルテインは今一番注目されている成分のひとつです。ルテインはもともと身体にある成分で、目の奥の網膜、とくに黄斑部に多く含まれています。カルテノイド(色素成分)の一種であり、その強い抗酸化作用によって目の機能を維持し、目の老化を抑える働きをします。とくに注目されているのは、紫外線や青色光を吸収する性質があることです。そのため、黄斑に含まれるルテインがフィルターとなって、有害な紫外線やパソコンやスマホ、テレビなどが出すブルーライトから目を守っているのです。このような働きをする成分には、ゼアスタンチンという色素成分もあります。これらの成分は、体内で生成することができないので、食品やサプリメントで摂取する必要があります。

必要なブルーライト対策

ブルーライトは現代人の目の疲れの大きな原因の一つです。波長が短いので空中の塵やホコリにあたって散乱し、それがちらつきとなって目の筋肉や脳を疲れさせます。また、ブルーライトは紫外線に次いで高いエネルギーを持った光であることから、刺激性があり、黄斑部のフィルターがしっかり機能しないと目にダメージを与えてしまいます。しかし、パソコン、スマホ、携帯電話、テレビ、ゲーム端末、さらにはLED照明に至るまで、現代の暮らしには目の疲れにつながるブルーライトを発するものがいっぱいで、ブルーライトに接しない日はないといってもいいほどです。手軽にできるブルーライト対策としては、パソコンやスマホの画面の輝度を下げること、画面から適度に顔を離すこと、長時間画面を見続けないことなどがあります。これだけでも目の疲れはグッと軽減されます。また、仕事などでパソコンを長時間使用する時は、ブルーライトをカットするメガネをかけるのもよいでしょう。そして、最も重要なのは目に必要な成分を摂取して、身体の内側から目を守ることです。